-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011-03-04 06:00 | カテゴリ:ソフトウェア(無料)
先日、大学の友人とパソコンについて話をしていると、
フリーソフトをあまり使った事がない。という人が結構居ました。

はじめ、この友人の話を聞いたとき、
フリーソフトは原則的に自己責任で利用しなければならないため、
フリーソフトを利用しないという意味かと思いました。

しかし、よくよく話を聞いてみると、
コンピュータが苦手で、ソフトをインストールしたりした事がない。
=Officeやブラウザしか利用しないということでした。

確かに、私達は法学部生でパソコンを使う機会は少ないかもしれませんが、
Windows環境において(これは他の環境下では必要ではないという意味ではない)、
本当にパソコンを活用して自分のしたいことをしようと思った場合、
自分が必要とするソフトをインストールしなければ、出来ない事も少なくありません。

また、様々なソフトによって機能を拡張する事によって、
パソコンで出来る事が増え、楽しい事も多くなってくると思います。

ソフトをインストールするといっても、
有料のソフトばかりを利用しようとすると、
少しの事を行うにも非常に高額な費用が必要となってしまう場合があります。
加えて、有料ソフト(シェアウェア)だけではどうしようもない場合も多々あります。

そうしたときに非常に無料のソフト(フリーソフト・フリーウェア)を利用するのは、
非常に有効な手段だと考えられるでしょう。

ただし、フリーソフトにもメリット・デメリットの関係はあります。
中でも、一番の大きなデメリットである、全て自己責任である。
と言うことは絶対に忘れないようにして、
自分なりに面白いソフトを探していくといいと思います。

私は昔フリーソフトを解説するサイトを作っていましたが、
そのときは、はじめはフリーソフトをまとめている本から、
フリーソフトの紹介の記事を読んで、使ってみる際の参考にしていました。

そういった本を一冊持っておくと何かと便利かもしれません。




2011-03-02 06:00 | カテゴリ:写真用機材
先日から、フォトコンテストに応募するための写真を、
カメラのキタムラで注文しています。

少し良い目のプリントをお願いしようとおもいました。
カメラのキタムラの通常プリントよりいい目のプリントは、
デジタルクリスタルプリントというプリントと、
ラスタープリントと言うプリントが存在しました。

初めて注文する際に、デジタルクリスタルプリントでお願いしました。
注文したのは白黒写真をお願いしました。

3日で受け取る事ができたのですが、
受け取ってみると、表面が鏡のようになっており、
黒がすこし白っぽく見えてしまいました。

そこで、先日少し違う写真(白黒写真)をラスタープリントで注文してみました。
このプリントは、デジタルクリスタルプリントが光沢仕上げなのに対して、
マット仕上げになっています。

出来上がりを見ると、黒がしっとりとしており、
黒に深みが出ていて雰囲気が良く出ていました。

これは個人の好みもあるかもしれませんが、
モノクロ写真を注文するときは、ラスタープリントのほうがよさそうです。
それぞれの違いを良く理解したうえで使い分けるとよさそうです。

それぞれ、会員登録することで、以下のサイトからも注文できます。

<デジタルクリスタルプリント>
http://www.kitamura-print.com/premium_print/digitalcrystal/

<ラスタープリント>
http://www.kitamura-print.com/premium_print/luster/





2011-02-28 06:00 | カテゴリ:日記
先日、何を思ったのか、
猫 流体力学』でGoogle検索をかけてみました。
すると、面白い記事をみつけました。

これらの記事によると、猫は流体力学を駆使しているそうです。
どういうことでしょうか?一体流体力学をどこで使っているのか。

……それはズバリ、猫の水飲みです!

・マサチューセッツ工科大学(MIT)
・バージニア工科大学
・プリンストン大学
これらの研究者の研究によるもので、Scienceにも掲載されたようです。

この研究者達は、
猫が水を飲む際に犬に比べて、
口の周りに水がついていない事に注目したそうです。

くわしくこのメカニズムを調べるために研究すると、
なんと、猫は水を飲む際に、舌をJの形のように丸めて水面にたたきつけ、
重力と慣性のバランスをとることで水柱を立たせ、
すばやく口を閉じる事で水柱を口の中に入れて飲んでいる事がわかったのです。

これは、犬が舌で水を救い上げて飲んでいるのに対して、
高度な水の飲み方と言う事が出来るのではないでしょうか?

私の実家でも猫をかって居ますが、
こんな事をしていたなんて、今までまったく予想すらしていませんでした。

こんど注意してみてみようと思います。

下に参考にしたページを上げておきますが、
動画や写真が多く使われていて、非常にわかりやすいです。

……ねこかわいい。

【参考ページ】
・猫と犬で水の飲み方に違い 猫は「巧みで優雅」――米大学 - ITmedia News
   http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1011/12/news036.html

・猫の水飲みは流体力学!  kuu: 風茶房 日々雑記
   http://kaze.tea-nifty.com/note/2010/11/kuu-bb59.html

・猫は流体力学を知っている? 水の飲み方を科学で解明[スロー動画付き]
   |テレビ番組 時事ネタなど書いていきます。はい。
   http://ameblo.jp/thinkmacgyver/entry-10713235498.html

・研究によると 猫は流体力学を用いて効率よく水を飲むらしい@ホーチミン
   |3にゃん TO ホーチ民 !
   http://ameblo.jp/manyaho/entry-10759817315.html

・猫の水の飲み方を科学すると? - 最先端医学のブログ - Yahoo!ブログ
   http://blogs.yahoo.co.jp/rikisandiego/61370661.html

・猫:水の飲み方 すくい上げる犬と大きな違い…米MIT 猫は表面張力を利用してるって
   |自分なりの判断のご紹介
   http://ameblo.jp/sansiroh/entry-10706645485.html





2011-02-25 06:00 | カテゴリ:写真用機材
ついに、Canon EF 24-105mm F4L IS USM
……ではなく、Canon EF 24-105mm F4L IS USM型のマグカップを購入しました。

以前からオークションなどで見かけて、非常に気になっていたのですが、
今回、サークルの先輩の追い出しコンパで、
先輩たちにプレゼントしようと言う事になり、購入する事のしました。

このマグカップには、内側がプラスチックのものと、
ステンレスで出来ているものがあるようですが、
今回私はステンレスのものを選びました。

きちんと届いたらレポートしてみようと思います。




2011-02-23 06:00 | カテゴリ:写真用機材
今日は紹介するのは、
最近購入した中では一番大きな買い物である、
シグマ 18-50mm F2.8 EX DC MACROというレンズです。

前々から2.8通しのレンズがほしかったので、今回思い切って購入しました。

本当は、17-50mm F2.8 EX DC OS HSM EOが購入したかったのですが、
残念ながら、少々値段が高かったため、
中古のシグマ 18-50mm F2.8 EX DC MACROを購入しました。

今回購入するにあたって、
レンズを絞り込むのに使った条件は、
f値が2.8通しである事。
広角側18mm以下のズームレンズであること。
ズームリングの回転方向が純正と同じである事。
以上の三点でした。

ISやUSMがついてるものが良かったのですが、
そうなると、やはり価格が相当高いものになってきます。

価格が高くなってくるのであれば、
防塵防滴加工をしておいてほしかったので、
それらはあきらめました。

このレンズを購入して使ってみた感想としては、
やはりf2.8のレンズは表現の幅が広がり、
非常に使いやすく感じます。
また、このレンズのもうひとつの良い点は、
マクロ性能が非常に高い事です。
最大1:3で撮影する事ができます。

ただ、購入して使ってみた際に、
若干前ピン気味のように感じられる場合があります。
ひょっとすると、
シグマさんで調整していただく必要があるかもしれないです。

今後しばらく使ってみて、
前ピンだと感じられる事が多いようであれば、
調整に出してみたいです。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。