-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010-08-14 06:00 | カテゴリ:学習全般
先日とあるブログで、
新書3冊を1時間で読む方法が説明されているのを見つけました。
そこで、実際に試してみました。
簡単にではありますが、
その結果をまとめてみたいと思います。

原理としては、
はじめに高速で文字を見る事によって、
脳を早く読むことに慣れさせた状態で、
文章の意味がわかるようじっくり読むことで、
じっくり読む際に早く読んでいく事ができる。
と言うことのようです。
ようは、速聴と同じ原理のようです。

●用意するもの
・新書3冊(あらかじめカバーやしおりは外しておきましょう)
・時計

●実践
Step1:パラパラとめくる
   1冊15秒程度で目を通していく
   このときはきちんと読もうとしなくてもいい
   大体これで、ロスタイムを含めて1分位だそうです
Step2:急いでめくる
   2ページ1秒位のペースで目を活字の上を走らせていきます。
   1冊300ページなら、この作業が8分かかります
Step3:じっくり読む
   1ページ3秒くらいのペースでめくっていってください
   これも読もうとはしなくても、
   大体活字を目で追う感じで呼んでください。
   (このステップを行う前に、一度1と同じようにパラパラ見て置いてください)

これで、終了です。
私が試したところ、確かにある程度の概要は把握できていました。
ただ、読む速度が一時的に上がっているので、
理解力も高くなっているようです。
無理に早く読もうとするのではなく、
最後のステップではじっくり読んでいこうとする方がいいと思います。
そうすれば、いわゆる速読術として利用できるのではないでしょうか?

因みに、これをすると普段よりも集中しているためか、
非常に疲れますので、ご注意ください。

最後に参考までに私の読書速度を上げておきます。

・普通に読んで
普通の小説なら文庫本1冊3時間
簡単なライトノベルなどなら1~2時間
文庫版のHow to本なら普通に読むと数時間。
・急いで読んで
文庫版の本なら20~30分ただし、
細かいところが飛んでいたり、
覚え足りなかったりします。

そこで、急いだときは数回見直すといいです。
そうすると、普通にじっくり1回読むよりも頭に残りやすいようです。

参考サイト
チャーミャーチュー | 新書3冊を1時間で読む
http://blog.livedoor.jp/chamyachu/archives/465902.html


秘密

トラックバックURL
→http://rightius.blog133.fc2.com/tb.php/21-47f57cc2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。