-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011-03-14 06:00 | カテゴリ:写真用機材
昨日お伝えした、
オフセット印刷とオンデマンド印刷についてですが、
これらの違いについての説明をしていなかったので説明しておきます。

とは言っても、既にこの違いを説明しているサイトは多々ありますので、
その引用をさせていただきます。

Wikipediaによると、次のようになっています。

==================================================================
・オンデマンド印刷
オンデマンド印刷(オンデマンドいんさつ)とは、オンデマンド印刷機を使った印刷方法。

ただし、この場合のOn Demandとは「要求があり次第に」という意味で、必要な時に少部数でも印刷できる印刷という意味がある。従って、印刷技法を指す用語ではない。印刷のあり方をしめす用語であって、オフセット印刷であってもごく短納期、少部数であればオンデマンド印刷といえる。 しかし現実的にはコンピュータのプリンタを巨大化させたデジタル印刷機による印刷を指している場合が多い。

デジタル印刷は米国ゼロックス社が開発したDocuTechがその市場を開発した。 近年では、コニカミノルタが参入したのをはじめ、リコー、キヤノンも相次いで新製品を投入しており、複写機に次ぐ大きな市場として注目されている。


・オフセット印刷
オフセット印刷(おふせっといんさつ)は、印刷技術のひとつ。実際に印刷イメージが作られている版と紙が直接触れないのが特徴。版に付けられたインキを、一度ゴムブランケットなどの中間転写体に転写(offset)した後、紙などの被印刷体に印刷するため、オフセット印刷と呼ばれる。オフセット印刷の大半が平版(へいはん)を用いて行われているため、オフセットと言えば平版オフセット印刷のことを指すようになった。略して「オフセット」「オフ」と呼ばれることが多い。しかし、版に凸版を用いるドライオフセット印刷や、電子写真方式のオンデマンド印刷機にもオフセット方式を用いたもの(コダック・ネクスプレスなど)がある。

==================================================================





秘密

トラックバックURL
→http://rightius.blog133.fc2.com/tb.php/119-2dbc8768
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。