-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010-08-08 06:00 | カテゴリ:英語
TOEIC学習法(1)
TOEIC学習法(2)
TOEIC学習法(3)の続きです。

前回までで、揃えなくてはならないものは揃えました。
今回はそれらの具体的な使い方を教えてもらっているので、
解説していきたいと思います。

まず、大まかな学習の流れを示そうと思います。

1.新TOEICテスト 直前の技術スコアが上がりやすい順に学ぶを使って技術の概要を掴みます。
   ↓
2.TOEICテスト新公式問題集〈Vol.4〉を1回分解く
   ↓
3.『2.』で解いた問題を答えあわせをし、
 どの問題ではどの技術を使うべきだったのか検討していく。
   ↓
4.『3.』での検討を頭に入れた状態でもう1度技術が身についたか2問目を解きます。
   ↓
5.『3.』と同じように、
 ここでも使えなかった技術は無いかといったことを検討していきます。
   ↓
6.後は、もう一度同じ問題を解いて復習していくだけです。

流れとしては単純なものなのですが、
これらを実行する上でいくつか注意点があるそうです

1.に関しての注意点
 ・すぐに使えそうな技術はこのときすぐに身につけてしまうこと
 ・知らなかった単語は単語カードにまとめること
 ・技術や回答をノートにまとめる必要は無いこと
  (問題は公式問題集にたくさんあるし、技術は使っていれば覚えるため)
2.に関しての注意点
 ・覚えている限りの技術を使って解く事
 ・時間をきっちりと計ること
 ・13時~15時までの間に解いてみる事(昼食後)
 ・誰にも邪魔をされない環境で行うこと
 (これらは実際のTOEICの試験に出来るだけ近い環境にするためのものです)
3.に関しての注意事項
 ・この時点での点数を気にする必要は無い
 ・最低2週間かけて綿密な分析を行うこと
 ・直前の技術と見比べながら、
  公式問題集のスペースに書き込んでいくこと
 ・知らなかった単語を単語カードに書き出すこと
 ・リスニング問題は、MP3プレーヤーに録音して、
  ひたすら何度も聞き返す事。
  そして、その時にはどういった技術を使って、
  その問題を解いていくのかを、
  頭の中で確認しながら聞く事。

  (20回聞いても良いくらい)
 ・分析後はひたすら技術を頭に叩き込んでいく事
4.に関しての注意事項
 ・実際に身についているのか、
  全ての問題に技術が対応しているかチェックする事。
5.に関しての注意事項
 ・『3.』に同じ
6.に関する注意
 ・2回目の分析なので、すぐに終わるはず

そして、ここからのレベルアップは各人に応じて、
TOEIC TEST英単語スピードマスター
を使って語彙力をアップさせたり、
リスニングを英語耳ドリル 改訂版 発音&リスニングは歌でマスター等を使って、
自分でアップさせたりしてがんばるしかないそうです。

お互いがんばりましょう。

最後に、単語カードの使い方ですが、私は大学に入ってから、
専門的な単語やわからない単語を覚えられるよう、
『未知』『既知』の分類箱を用意して、
単語カードをそれぞれに毎晩寝る前に振り分けています。
未知がたまってきて、どうしても覚えられないときは、
それらをリングに通して持ち歩いています。

この方法だと、一回一回の集中力が上がっているのか、
しっかり覚えられるので、ぜひ試してみてください。


スポンサーサイト
2010-08-07 06:00 | カテゴリ:英語
TOEIC学習法(1)
TOEIC学習法(2)の続きです。

前回までで、
新TOEICテスト 直前の技術スコアが上がりやすい順に学ぶ
新TOEICテスト 直前の技術スコアが上がりやすい順に学ぶ
TOEICテスト新公式問題集〈Vol.4〉
これら必要だと聞いていた書籍について投稿しましたが、
今回はそれらを利用する際に必要な道具についてです。

といっても、必要な道具は2つだけです。
・携帯オーディオプレーヤー(MP3プレーヤー)
・単語カード
これだけです。

先に単語帳から説明すると、
TOEICもある程度以上になると、やはり語彙力勝負になってくるので、
そうした勉強用にわからない単語を書き出して利用します。
私が大学に入学してから利用している方法も後日投稿したいと思います。
とりあえず単語帳は100均のものでかまいません。
Amazonで買うのでしたら


(↑こういった100円以下のものや詰め合わせも有ります)


MP3プレーヤーはCDを取り込むために使います。
ですので、あまり大容量のものは必要ありません。
しかし、私は個人的に大容量のものをおすすめします。
はじめはあまり曲を入れたりしないつもりでも、
問題集についてくるCDを取り込んでおく便利さに気がついてしまうと、
たびたび入れ替えるのが面倒になってくるからです(笑)
それに、いざ聞きたいというときに聞く事ができないという事態を防ぐ事ができます。
さらに、案外忘れてしまいがちな事なのですが、
曲名表示がされるものを購入しなければいけません。
曲名が表示されることで、どこが今流れているかが簡単にわかるからです。

私は、それらを踏まえた上で、

このプレーヤーを使用しています。
このプレーヤーの特徴は8GBの大容量と、
52時間の連続再生時間。
FM録音が出来る事等がありますが、2つの大事な特徴を持っています。
再生速度を変化する事が出来る
ボイスレコーダー機能がついており、それなりの音質で録音できる
この2つはなんでもないことのように思われるかもしれません。
しかし、非常に大事な事です。

まず、2つ目のボイスレコーダー機能ですが、
これは大学生にとって、非常に便利な機能です。
どれだけ集中して講義を聴いてメモを取っていても、
どこかでメモを取り損ねたり、聞き取れなかったりするかもしれません。
そうしたときに、講義を録音しておけば、後で家に帰って復習する事ができます。
さらには英語の学習での、自分の発音チェックにも使う事ができます。

1つ目の再生速度の変換は、耳を英語に慣らすために、
この機能を使って早くした音声を聞いたり、
聞き取れない部分を遅くして聴いたりすることができます。

このMP3プレーヤーは、4GBのモデルやカバーも発売されています。


これで道具の紹介は終わりますが、
次回は今までの道具や本を利用した学習方法を書いて終わりにしたいと思います。

TOEIC学習法(4)
に続く。



2010-08-06 06:00 | カテゴリ:英語
前回のTOEIC学習法(1)の続きです。

前回の『新TOEICテスト 直前の技術―スコアが上がりやすい順に学ぶ』に続いて、
利用しておくべきといわれた書籍です。
前回紹介したのは完全な参考書でした。
今回はそれを実践するための問題集と言う事になります。



『TOEICテスト新公式問題集〈Vol.3〉』
この問題集を使って、
どの問題でどの技術を利用するのか確認をするようにすればいいそうです。
公式の問題集なので、非常に本番に近い問題になっているそうです。
近くの書店では売っていなかったため、私は、まだこの問題集は購入していません。

また、いまこの投稿を書いている途中で見つけたのですが、



『TOEICテスト新公式問題集〈Vol.4〉』
という、より新しいものが出ているようです。
新しいものの方が、微妙に変化しているTOEICの変化を、
きちんと反映していると思われるので、
そちらを使ったほうがいいかと思います。

どうしても時間が余ったときだけ、
前の問題集に戻れば十分だそうです。

今回までは本の紹介でしたが、次回は必要な道具の紹介をしたいと思います。

TOEIC学習法(3)
TOEIC学習法(4)
に続きます。


2010-08-05 15:25 | カテゴリ:英語
先ほど投稿した記事に、
TOEICを今年は受験したいと書きましたが、
今まで私はTOEICを受験した事が無く、
どういった勉強をすればよいのかわかりませんでした。
しかも、中学時代から英語は特に苦手で、補習ばかり(毎回)受けていました。
そこで、周りの方々にTOEICの学習方法をたずねてみたり、
そういったTOEICの受験方法を説明しているサイトを見たりしてみました。

それらによると、
・TOEICにはテクニックがある
テクニックを利用しなければ高得点はなかなか狙う事ができない
・逆にテクニックを使えばそうそう悪い点数をとらない
公式問題集を使ったほうが良い
ということでした。

さらに、それらの学習に適した書籍や道具も紹介していただきました。

これら全てを書いてしまうと長くなってしまうと思いますので、
数回に分けて書いていきたいと思います。
まず、今回は書籍の1つ目だけ紹介させていただきます。



『新TOEICテスト 直前の技術』
この本はアルクから出版されているのですが、
テクニックを覚えるためには非常に良いそうです。
私は昨日の夜近くの書店で購入して来ました。
まだ、ざっと目を通しただけですが、
非常に見やすく出来ているので読みやすいです。
2週間くらいで終えられるようにがんばりたいです。

それでは、続きは次回に解説しようと思います。

TOEIC学習法(2)
TOEIC学習法(3)
TOEIC学習法(4)
に続きます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。