-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010-09-08 06:00 | カテゴリ:パソコン関連
さて、PC設定(1:パーティション分割編)で書いてあった通り、
アカウント名を間違ってしまっていました。

それを直した話を今回は書くつもりです。
さて、アカウント名の変更というと、
通常コントロールパネルから行う方法を考えると思いますが、
今回はその方法はとりませんでした。
というよりも、この方法ではきちんと変更できませんでした。

どういうことかといいますと、
フォルダ(ドキュメントフォルダ)などの名称が変更されないのです。

そこで、今回は以下のような方法でアカウント名を変更しました。

●ユーザーアカウント名の変更(Windows転送ツールを使う)
1.[スタートボタン]をクリックします
 ↓
2.[すべてのプログラム]
   ↓
 [アクセサリ]
   ↓
 [システムツール]
   ↓
 [Windows転送ツール]の順で選択していきます
 ↓
3.[次へ]を選びます
   ↓
 [外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブ]
   ↓
 [これは今までのコンピューターです]の順で選択していきます
 ↓
4.[このコンピューターから転送する内容を選択します]
 という画面が表示されたら、
 コピー元のユーザー以外のチェックをすべて外します
 ↓
5.[保存]
 ↓
6.適当な保存するフォルダを選んで[保存]をクリックします
 ↓
7.[次へ]と進んで転送ツールを終了します
 ↓
8.もう一度[Windows転送ツール]を起動します
 ↓
9.[次へ]を選びます
    ↓
  [外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブ]
    ↓
  [これは新しいコンピューターです]
    ↓
10.[転送ツール ファイルを開く]
  というダイアログが表示されるので、
  保存してあったファイルを選択して[開く]をクリックします
  ↓
11.[共通項目]にチェックがあれば外します
  ↓
12.[ユーザーの作成]を選択し、
  正しいアカウント名のアカウントを作成します
  ↓
13.[転送]を選択します
  ↓
14.[閉じる]

以上で終了です。
後は、不要になったアカウントを削除すれば完了です。

【参考サイト】
Windows 転送ツールを使ってユーザープロファイルをコピーする
   http://pasofaq.jp/controlpanel/nusrmgr/migwizcopyprofile.htm


スポンサーサイト
2010-09-07 22:17 | カテゴリ:パソコン関連
PC設定(2:電源設定編)では、
Windows7の電源設定をしたところまで書きました。

今回はイメージバックアップをしたところまで書こうと思います。
まずは、ちょっと細かいところですが、
リモートアシスタンスを無効にするところから

●リモートアシスタンスを無効化する

1.[スタートメニュー]を開く
 ↓
2.[コンピューター]を右クリック
 ↓
3.[プロパティ]を選択する
 ↓
4.[システムの詳細設定]を選ぶ
 ↓
5.[リモート]タブを選びます
 ↓
6.[このコンピューターへのリモートアシスタンス接続を許可する]のチェックを外す


次にイメージバックアップの取り方を

●イメージバックアップの取り方
1.[スタートメニュー]を開く
 ↓
2.[コントロールパネル]を選択します
 ↓
3.[バックアップと復元]を選びます
 ↓
4.[システムイメージの作成]を選びます
 ↓
5.後はウィザードに従っていけば完了です

cf)システム修復ディスクの作成
バックアップが完了すると「システム修復ディスク」を行うか聞かれますので、
イメージバックアップの復元に必要になるので、作っておきましょう。
ブランクディスク(空のCD-R)をドライブに入れて、
[ディスクの作成]選択するだけでできます。


2010-09-07 20:55 | カテゴリ:パソコン関連
さて、昨日の『PC設定(1:パーティション分割編)』で、
Windows7の標準のパーティション分割について書きました。
電源設定をしたところまで書こうと思います。

まず、昨日記事にした、
パーティション分割をしている間に電源設定だけは変えました。

電源設定は以下のように変更しました。
●電源設定
1.[スタートメニュー]を開きます
 ↓
2.[電源オプション]を選択
 ↓
3.[高パフォーマンス]にチェック
 ↓
4.[プラン設定の変更]を選ぶ
 ↓
5.[ディスプレイの電源を切る],[コンピュータをスリープ状態にする]
をともに[なし]にします。
 ↓
6.[変更の保存]を選択する。

これで完了です。


PC設定(1:パーティション分割編)


2010-09-06 18:10 | カテゴリ:パソコン関連
結局有線LANで接続することになりました。
この記事はいまそのパソコンから書いています。

とりあえず、どういった流れで設定していったのか書いていこうと思います。
すこし長くなるので、何回かに分けて書いていこうと思います。

ただし、これはあくまで素人の私の個人的な設定であり、
この内容を実践する場合は自己責任でお願いします。

まず、2010年9月8日到着予定だったパソコンですが、4日の午前09時30分に届きました。
Faithは発送が遅いと聞いていたので、覚悟をしてまっていましたが、
思ったよりも早く届いてよかったです。

その日のうちに、
無線LANアダプタのUSBに接続するタイプを購入しました。
LogitecさんのLAN-W150N/U2BKという機種です。

↑こういったものです。
邪魔にならない小ささが決め手でした。

自宅に帰り、パソコンを立ち上げてアカウントの設定をしました。
(実はこの時点でアカウント名のスペルを間違ってしまっていました。)

その後、このPCはパーティション分割をお願いしていなかったので、
パーティション分割を自分でしました。
このPCを購入してから初めて知ったのですが、
Windows7には(Vistaから)パーティション分割の機能が標準でついているのですね。
それを利用してパーティション分割を行いました。
(はじめはLinuxをCDブートして分割するつもりでした)

手順は以下のとおりです。

1.[スタート]メニューを開きます

2.[コンピューター]を右クリックします

3.[管理]を選びます

4.左の一覧から[記憶領域]の[ディスクの管理]を選択します

5.分割したいパーティションを右クリックします
(青いバーの下に斜線が入ります)

6.[ボリュームの縮小]を選びます

7.[圧縮する領域のサイズ]に新たに作るパーティションの容量を指定します
(この部分が未割り当てになります)

8.[圧縮]をクリックします

9.しばらくして処理が終わると、もともとの青いバーが小さくなり、
 未割当の黒いバーができます。
10.この未割り当ての部分を右クリックします

11.[新しいシンプルボリューム]を選びます

12.[新しいシンプルボリュームウィザード]が開始されるので、
  [次へ]を選びます。

13.新しく作るドライブの容量を選びます。
(小さくして複数にしてもいいです)

14.[次のドライブ文字を割り当てる]の右側からドライブレターを選び、
新しいボリュームにドライブレターを割り当てます。

15.[パーティションのフォーマット]という画面になったら、
[ファイルシステム]は[NTFS]、
[アロケーションユニットサイズ]は[規定値]を選択します
[ボリュームラベル]覧には、
そのドライブに付けたい名前を入力します。
処理時間を早めたい場合は
[クイックフォーマットする]にチェックを入れてから
[次へ]をクリックします。
ただし、確実な作業を望む場合
  [クイックフォーマットする]にはチェックを入れないでください。

16.次の画面で[完了]を選んで終了です

処理には時間がかかることがありますが、
その間に別のことをしたりして時間をつぶしていてください。
私の場合は、クイックフォーマットにしなかったので、
1TBのHDDに700GBのドライブを作るのに1時間ほどかかりました。
ただし、こういう作業中は他のパソコンを使ってする作業は、
あまりしないほうがいいと思います。
私の場合は前日睡眠不足だったので、少し眠っていました。
(その間古いパソコンではKaspersky Internet Security 2010をダウンロードさせていました)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。